京都河原町の現代の美術・工芸の発表の場|GALLERY MARONIE

現代の美術・工芸の発表の場として、ジャンルは問わず個展を中心に展開。異なった3つのギャラリースペースを持つ京都のギャラリー。

6.13-4F

近藤えみ・信ヶ原良和 二人展

近藤えみ トリルと作品タイトルにし創り続けてきた。トリルとは顫音、ビブラートのこと。 水の流れのこだまの音、自 […]

5.30-5F

業人樂集

川西幹夫 工芸家を育てるとは。直接創作を助けることは不可能。できる最善のことは工芸家の作った「もの」を展示でき […]

5.30-4F

武田浪展

武田浪さんといえば、人懐こい笑顔が思い浮かぶ。初めて会った人でもすぐに親しくなり、自作について明るく情熱的に語 […]

5.30-3F

後藤朝子展 在ることは無いこと

リビングのフローリングに横たわったまま微睡む子供の寝顔。 見慣れた日常の中で一瞬思った。目の前の彼が本当はここ […]

5.16-4F

作家達の戯び心 掌サイズの世界

大阪 番画廊より引き継ぎました本展。 昨年までの「作家達の戯び心 掌サイズのおもちゃ」を「作家達の戯び心 掌サ […]

5.9-5F

石田有作 白磁展

白磁と異素材(金属、木、ガラス、紙、糸)の融合をテーマに制作しております。硬質な白磁の肌合いと細くしなやかな赤 […]

5.2-3F

表地 久美子展

今回の個展では、長年、扇子、桐箱などの上絵師として描きつづけている干支柄や、南蛮屏風の人物を猫化した絵を、桐板 […]

5.2-4F

室田 泉展 Jump so Blue

サイアノタイプという技法でテキスタイルを制作しました。画像の反転や光の透け感で画面を構成しています。 素材によ […]